背景色を変更する
文字サイズを変更する

ここから本文

トピックパス
トップページ > 先生のページ > 教育ちょっといい話 > 現在地

平成21年 (2009年) 12月 14日

教育ちょっといい話 第54回

下関市立岡枝小学校 校長 德光 英夫

「?子どもは地域で育つ?」

 

去る5月17日の運動会は、あいにくの天気で、子どもたちをはじめ多くの方々にご心配をおかけしました。この日に向けて汗を流してがんばってきた子どもたちの想いを何とかかなえてやりたいという熱い願いが、当日の運動場全体に満ちていました。

それは、あの全校児童の力強い入場行進に真っ先に現れました。まるで晴れ渡った青空の下での運動会かと錯覚するほどの堂々とした行進でした。周りの方々から思わず拍手が起こり、一回りたくましくなった子どもの姿に、周りの大人が逆に勇気づけられました。また、児童席や保護者席からの応援の声が一段と大きい支えになったことは間違いありません。

何とか最後まで続けたいという祈るような気持ちでしたが、無情にも断続的に降る雨で、運動場が危険な状態となり、子どもたちの健康面・安全面を最優先し、やむを得ず競技をストップしました。

子どもたちから、不満や残念がる声がたくさん出るかと思いましたが、意外にも「今までで一番思い出に残る運動会だった」「家の人からこんなにほめてもらったのは初めてでうれしかった」「たくさんの人からほめられて自信がついた」などのことばを多く聞き、さすが1年生から華山登山に挑戦する岡枝小学校らしさをかいまみました。

また、28日には、残りの競技・演技を行いましたが、たくさんの方にご声援をいただきました。お仕事等でご都合がつかなかった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。児童は、最後の閉会式まで立派な態度で全力を出してがんばったことをこの場をお借りしてご報告いたします。

これからも、学校教育に保護者の方はもちろん、地域や多くの関係者の皆様の温かいご声援やご協力をお願いします。

 

※学校と地域のかかわりについて(学校経営方針より)

1「地域は先生」

・地域の人の温かい心に学ぶ

2「地域は教室」

・自然の中で学ぶ

3「地域は教材」

・菊川の自然と人から学ぶ

4「地域は家族」

・学校、家庭、地域のつながりで学ぶ

一覧に戻る

ページトップ