本文へスキップ

教師が使うICT

「教師が使うICT活用」に関するモジュール

番号 プログラム名 研修のゴール 資料
T1-1 授業におけるICT活用(1部) 授業でのICT活用のねらいを知る。
T1-2 授業におけるICT活用(2部) 日常的にICTを活用するために設置や準備について考える。
T2-1 教育用コンテンツの利用(1部) より分かりやすい授業を展開するために、ウェブ上の教育用コンテンツを活用する際のポイントを知る。
T2-2 教育用コンテンツの利用(2部) 教育用コンテンツを活用した模擬授業を体験する。
T3-1 分かりやすい授業のために〜大きく映して〜(1部) 分かりやすい授業のために、ICTを活用した授業イメージをつかむ。
T3-2 分かりやすい授業のために〜大きく映して〜(2部) 授業場面を決め、「何を」「どう」映し、「どう」話すのか、授業の流れを構想する。
T4-1 つまずきをなくすために〜手元の動きを大きく映して〜(1部) 手元を大きく映し、ゆっくりと動きを見せ、分かりやすく説明すれば、正しい手順を確実に理解させることができる.
T4-2 つまずきをなくすために〜手元の動きを大きく映して〜(2部) つまずきをなくすために、実際に手元の動きを大きく映す体験をする。
T5-1 習熟のために〜フラッシュ教材を使って〜(1部) 身近にあるICT機器を利用して、児童生徒の知識・理解の定着を図るためのフラッシュ教材について考える。
T5-2 習熟のために〜フラッシュ教材を使って〜(2部) ICT機器を用い、児童生徒の知識・理解の定着を図るためのICT機器を活用したフラッシュ教材をつくる。
T6-1 共有のために〜考えや工夫の可視化〜(1部) 身近にあるICT機器を利用して、児童生徒がもつ知識や考え、工夫の共有を図るための授業づくりについて考える。
T6-2 共有のために〜考えや工夫の可視化〜(2部) 児童生徒がもつ知識や考え、工夫の共有を図るために、ICT活用による「共有させたいこと」を盛り込んだ授業づくりを考える。
T7-1 インクルーシブ教育のために(1部) インクルーシブ教育の考えに基づいた、授業におけるICTの活用について知る。
T7-2 インクルーシブ教育のために(2部) ある指導場面における児童生徒の困り感の予想や対策を考えることを通して、ICTの有効性について話し合う。
T8-1 タブレットを使って(1部) 授業において、教師によるタブレットの活用方法を知る。
T8-2 タブレットを使って(2部) 実際にタブレットを操作しながら、授業での活用場面を考え、紹介し合う。
T9-1 教師のための著作権(1部) 著作権について理解し、学校現場で著作権について留意すべきことを正しく知る。
T9-2 教師のための著作権(2部) 著作権に関する〇×クイズを通して学校における著作権について深く理解する。

やまぐち総合教育支援センター
教育支援部情報教育班

〒754-0893
山口県山口市秋穂二島1062

TEL 083-987-1220

FAX 083-987-1201

E-mail:joho@center.ysn21.jp